法然上人のお言葉

  • HOME »
  • 法然上人のお言葉

浄土宗の開祖、法然上人のお言葉をご紹介して参ります。
お勤めの際に繰り返し読まれるものが「御法語」として纏められておりまして、前篇・後篇各三十一、合計六十二のお言葉がございます。香念寺では月に一度の日曜勤行会にて、一つのお言葉を原文・和訳二ヶ月かけてお読み致しております。

【前篇】
第一 難値得遇
遇い難い仏教に遇いながら虚しく時を過ごしてはならない。

第二 立教開宗
仏教の覚りは三学によるが、それに堪えられないと思った私は、三学によらない道を善導大師の教えの中に見出した。

第三 聖浄二門
念仏の修行は、智慧を極めて覚る道ではなく、愚痴に立ち戻って極楽に生まれる道である。

第四 出世本願
念仏往生の本願は、阿弥陀仏が一切衆生を平等に救おうとする慈悲に基づく。釈尊が出現されたのはこの教えを説くためである。

第五 選択本願
凡夫が往生できるという教えは、阿弥陀仏が法蔵菩薩であった時に立てられた本願に基づく。

第六 五劫思惟
法蔵菩薩は一切衆生を平等に浄土へ迎えるため、「私の修行の功徳を南無阿弥陀仏の六字にこめて人々に称えさせよう」と決意された。

第七 諸仏証誠
六方の諸仏が教えの正しさを証言しておられるから、念仏して弥陀の本願、釈尊の付属、諸仏の守護を一身に受けよ。

第八 万機普益
浄土宗が他の宗に勝り、念仏が他の行より優れているのは、万民を救済する点にある。

第九 安心
念仏者の心構えは、往生を願い、念仏すれば阿弥陀仏がお迎えくださると信じる以外にない。それが自然に三心となる。

第十 小消息
末法の世では我が身の善悪を顧みず、教えを信じ、往生を求めて念仏を多く称え、罪を犯さないように努めよ。

第十一 深心
深心とは、「いかなる自分であろうとも、念仏すれば阿弥陀仏の本願の力で往生できる」という確信である。

第十二 正雑二行
速やかに苦しみの境涯を超えるには、浄土門に入って念仏に専念せよ。阿弥陀仏の本願によって必ず往生できる。

第十三 二行得失
念仏すれば全ての人が往生するのに他の修行では稀にしか往生できないのは、弥陀・釈迦の御心に随わないからである。

TEL 03-3602-1287

PAGETOP
Copyright © 浄土宗 香念寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.